正寿会は高齢者・障がい者のための総合福祉施設です。

わたしたちは利用者様の生活の自立を支援します。

理事長あいさつ

平成26年12月

平成13年に社会福祉法人「正寿会」を設立し、当初障害者支援事業から始まった当法人も設立以降すでに13年間の歳月が経過いたしました。当初障害者支援事業は通所授産施設を運営するのみでありましたが、その後拡張し現在では障害者入所施設・生活介護・就労移行・障害者グループホーム・さらには障害者支援センター・特定相談事業などあらゆる障害福祉の目指すべき方向性と社会的貢献についてより多くを学ばせて頂くようになりました。

また、我が国の超高齢社会の到来とともに老人福祉事業にも着手し、特別養護老人ホーム・短期入所生活介護・軽費老人ホーム(ケアハウス)・老人デイサービスセンター・及び居宅介護支援事業など老人介護施設の充実と介護予防または予防のための予防といった近代的な介護方針をもって地域社会に貢献するとともに、様々な社会資源の活用それに伴い地域から支持される高齢者介護事業の向上に努めているところであります。

真の福祉社会とは、すべての市民が経済的に豊かで、良好な環境にも恵まれ、健常者や高齢者又は障害者との間に差別や区別のない社会であることが前提であると考えます。
設立から13年間の月日は我々正寿会に働く者たちに何を学ばせ、どのように成長させたのでしょうか。また、これから先何を学んで成長の糧とするのでしょうか。
ともあれ、社会福祉法人の福祉事業の躍進こそが社会の安定と人々の安心を守り、加齢による高齢者の生活介助や様々な障害を持つ人々の自立に役立つことのできる最もよい方法であると信じております。

社会福祉法人 正寿会 理事長 伊藤重行

正寿会メニュー

ページトップ