正寿会独自のトータル介護・新手法

ITOHアップリハシステム

ITOHアップリハシステムは、福祉施設利用者が安心と尊厳をもって生活できる正寿会独自の新しい取り組みです。
生活リハビリ」「園芸福祉」「学習療法」の3点を柱とした日々の取り組みから、新しい発見が次々と出現しています。
“介護現場革命”に挑み、高品質な介護サービスを提供します。

生活リハビリ
 生活リハビリとは、日々での生活動作をリハビリと捉え、身体の低下した機能を無理なく回復させるリハビリの一つです。
 ”よい運動” ”よい動作”を基に、「最期まで自分らしく生きる力」を目指します。
園芸福祉
 園芸福祉とは、人とのふれあいを通して植物の栽培や収穫を継続的に行うことで、精神的・身体的・社会的機能の維持・回復を図るリハビリの一つです。
 利用者様で手入れされた花園を地域に開放しています。
学習療法
 公文学習療法とは、音読と計算を中心とする学習を学習者と支援者がコミュニケーションを取りながら行なうことで、認知機能やコミュニケーション機能などの前頭野機能の維持・改善を図るものです。
2018/11/09【就労B型】秋の味覚〜ぶどう狩り

9月6日〜7日、暦のうえでは秋ですが、まだまだ暑い日々。

残暑に負けないように、秋の味覚を楽しみにぶどう狩りに出かけました。 

行き先は、高茶屋小森町の『山口観光ぶどう梨園』です★

こちらでは、3種類のぶどうの食べ比べをすることができます。

おいしいぶどうの選び方を教えてもらったら・・・いざ!

とても甘くておいしかったですね^^ 3種類のぶどうを食べて、

「これがおいしいよ」、「こっちも食べてみて」とお互いに言い合って

楽しいときを過ごしました。

お土産を買うこともできます。帰りに、好きなぶどうを買って、

「さようなら〜^^ 今年もおいしかったです。ありがとう」と

山口観光ぶどう梨園をあとにしました。

  

 

 

正寿会メニュー

ページトップ

QLOOKアクセス解析