正寿会独自のトータル介護・新手法

ITOHアップリハシステム

ITOHアップリハシステムは、福祉施設利用者が安心と尊厳をもって生活できる正寿会独自の新しい取り組みです。
生活リハビリ」「園芸福祉」「学習療法」の3点を柱とした日々の取り組みから、新しい発見が次々と出現しています。
“介護現場革命”に挑み、高品質な介護サービスを提供します。

生活リハビリ
 生活リハビリとは、日々での生活動作をリハビリと捉え、身体の低下した機能を無理なく回復させるリハビリの一つです。
 ”よい運動” ”よい動作”を基に、「最期まで自分らしく生きる力」を目指します。
園芸福祉
 園芸福祉とは、人とのふれあいを通して植物の栽培や収穫を継続的に行うことで、精神的・身体的・社会的機能の維持・回復を図るリハビリの一つです。
 利用者様で手入れされた花園を地域に開放しています。
学習療法
 公文学習療法とは、音読と計算を中心とする学習を学習者と支援者がコミュニケーションを取りながら行なうことで、認知機能やコミュニケーション機能などの前頭野機能の維持・改善を図るものです。
2017/09/04ご報告

この度は、当法人が運営しております障害者支援施設「カザハヤ園」におきまして

職員によるご利用者様への虐待が発生し、ご利用者様をはじめ多くの関係の皆様に
多大なるご迷惑、ご心配をお掛けしました事に対しまして心からお詫び申し上げます。
 
 当法人におきましては、今回の事案を重く受け止め既に虐待を受けられたご家族様に謝罪を行い
三重県並びに津市に本件を報告させて頂いております。
三重県、津市に指導頂き、法人全体として虐待防止に関する体制の整備や職員教育等を進め
虐待が生じない組織となるよう全力を尽くす所存であります。
 
 改めまして、ご家族様に対してご報告の場を設けさせて頂きますので
真に勝手では御座いますが取り急ぎ本ホームページにてご報告、並びに謝罪させて頂きます。
 
社会福祉法人 正寿会
理事長 伊藤 重行

正寿会メニュー

ページトップ

QLOOKアクセス解析